Road Out Tracks

<   2011年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

国宝松本城の夜

 満開中にもう一度と思い仕事帰りに夜の松本城に寄って見た。
天守閣の下まで来たのは何年振りだろうか、やはり国宝のオーラがムンムンとでていた。
 まだまだ寒い夜の松本だけど羨ましくなる位くっついたカップルや観光客で賑わっていた。

a0194929_14234473.jpg



もし一眼を買ってなかったら車の中から見るだけだったんだろうなあ~。こんなにまじまじと桜を見てる自分が何かおかしい。

a0194929_14272788.jpg

 
[PR]
by 1964risingsun | 2011-04-30 14:31 | 景色

 FDAブルー 松本空港

 ぽかぽかっとした日曜の夕方、空港近くのスタディアムでは松本山雅と秋田のJFLの試合が終わり熱いサポーターの車で渋滞、また乗馬場でもイベントがあったのか馬を乗せた車も何台もいた。
 春になると空港の周りは色々なイベントが行われ賑やかになってくる。
 滑走路の周りの公園も花が咲いたり木々も緑が増えたりようやく春らしくなった日曜日になった。

a0194929_20435384.jpg


公園で遊ぶ親子の姿も増えその子供達に手を振られ最終便が飛び立っていった。

a0194929_20484883.jpg


a0194929_20491687.jpg


何でこんなデッカイのが飛ぶずら~~~(飛ぶんだろう)
[PR]
by 1964risingsun | 2011-04-28 21:00 | 乗り物

松本城に桜咲く

何時も横を通る度に段々と咲出していた桜が満開に近い状態になっていた土曜日。
殆ど満車の駐車場の空きを何とか見つけて車を停めて太鼓門をくぐった。

a0194929_19555116.jpg


 烏城と言われる黒い天守閣はやはり存在感があり立派な雰囲気を感じる。そして城に咲く桜の淡いピンクが
春の松本城を彩っている。

a0194929_20175464.jpg


 この日は風が強く時々砂埃を舞い上げていた。山も街もやや霞がかっていたけれどお城を囲むお堀の周りも桜は綺麗に咲き誇っていた。

a0194929_2044131.jpg

a0194929_20251738.jpg

a0194929_20262993.jpg


この桜、散ってしまう前にもう一度是非。

 
[PR]
by 1964risingsun | 2011-04-17 20:35 | 景色

サクラ咲く 松本兎川寺

a0194929_2116764.jpg


長い長い冬もようやく終わり、日中は上着のいらない日が何日か続いた。松本もあちらこちらで桜が咲き始めている。
 今回一緒にカメラを買った友達と市内のお寺の夜桜の撮影に出かけてみた。

 まだ使い慣れてないカメラであっちからこっちから、ダイヤルを回したり四苦八苦しながら何枚か撮ってみた。しゃがんだり、高い場所に登ったり中年のオッサン二人で「シャッターを押すって楽しい~~~」なんて言いながら。

a0194929_21311713.jpg


a0194929_21323851.jpg


a0194929_2133843.jpg


 週末は松本城も満開になりそう、川も気になるけどまた桜見物になりそうな感じ。
[PR]
by 1964risingsun | 2011-04-15 21:38 | 景色

入学式

 ちょっと前に産まれたと思ったらもう18歳になった息子。
長い、本当に長い春休みも終わり大学生活が始まる。
a0194929_0294792.jpg


入学式会場にいる新入生、これからの四年間でどんな大人になって行くんだろう。この中にいる息子はいったいどんな風に成長して行くんだろう。この就職難、不景気な近年正直不安の方が大きい気がする。でも開式を待つ彼等の笑顔を見てると良い仲間をつくったりアルバイトをしたり色々経験しながら頑張ってと応援したくなる。
a0194929_0394359.jpg


a0194929_0481746.jpg


無事に式も終わり、会場の外には沢山のJ.boy J.girlの元気な笑顔があった。
[PR]
by 1964risingsun | 2011-04-13 01:06 |

Is3 異常無し

毎年今頃は10~15日位は川に行って釣れたとか撃沈とか仲間と盛り上がっている頃なんだけど今年はどうも釣り欲が沸かず一度も川に行っていない。友達は信じてくれてないけど。(笑)
 でもここ何日かは20℃前後まで気温も上がり段々とテンションも上がり夜な夜なロッドとリールの点検をしてみた。やはりロッドにリールをセットしてリールを回すとカチカチとクリック音でさらに気分がたかまった。

a0194929_21515585.jpg


6月位まではこのロッドがメインとなり岩魚やアマゴのライズを探して川歩きが始まる。殆ど同じような長さ、硬さ、重さだけどやはり微妙にアクションが変わっていて面白い。このうち二本は同じロッドのベースモデルと少しパーツを変更した物だけどラインを通して振ってみると明らかに違うアクションになる。
もう一本はこのロッドの弟分になるIs3LBというモデルをメーカーでチューニングしたタイプでこれもまたノーマルモデルのまったり感が解消されて使いやすい。しかしこのまったり感が好きな人も沢山いる。仲間内でも皆好みのアクションがあってこれが正解ってのが無く本当に奥が深い。
今年もこのロッドを持って中々毛鉤を食べてくれない魚に悪戦苦闘しながらも仲間と楽しめたらそれが最高に楽しい思いでになる。

ただ心の何処かに大震災の影が焼きついたままにはなるだろうけど。
[PR]
by 1964risingsun | 2011-04-08 22:38 | フィッシング